ウォーキングデッド各シーズンのあらすじ・口コミ評価【ネタバレ注意】

ウォーキングデッドあらすじ口コミ

シーズン1のあらすじと口コミ評価

ウォーキングデッド・シーズン1は、主人公のリックが仕事で大怪我をして、昏睡状態になってしまうところから始まります。

病院で目を覚ましたリックが目にしたのは、ウォーカーがはびこる終わった世界。

何が起こったのか理解できないリックは、ただただ呆然とすることしかできませんでしたが、たまたま出会った親子(モーガン親子)によって、ウォーカーに関する知識をもらいます

そして、行方不明になっている妻と子供を探しに旅へ。

 

そんなシーズン1の見どころは、3つ。

1つ目は、はじめて大量のウォーカーに囲まれた場面。どういうものか全くわかっておらず、恐怖の対象だったウォーカー。そんな存在に囲まれてしまったリック達の焦りが伝わってきて、ホラー的なドキドキがとまらなかったですね。

2つ目は、罠にかかってしまった場面。ようやく安全地帯に逃げ込んだと思ったのに、実は…となったリック達。パニック映画のようなハラハラ感と、ド派手な演出の2つが楽しめるシーンでした。

最後は、妻(ローリ)と親友(シェーン)が恋人になっていたこと。状況が状況だけに、一人病院に取り残されたリックはもう生きてないと諦めていた二人は急接近。そんなところに、リックがやってきてしまったんですよ。2人の関係はそこで終わったはずですが、微妙なしこりが残っていてどうなるかハラハラさせられたもんです。

 

シーズン2のあらすじと口コミ評価

ウォーキングデッド・シーズン2は、リックの息子(カール)が大怪我を負ってしまうところから始まります。

近くに会った農場にカールを連れていき治療を試みますが、薬品などが足りない状況。

カールを助けるためには、ウォーカーが大勢いる中、誰かが薬品などをとりに行く必要が・・・

 

そんなシーズン2の見どころは、なんといっても人間関係と、初めてのウォーカーの大群との対決。

カールの大怪我、ローリの妊娠がトリガーになって、リック、ローリ、シェーンの関係が大きく変わっていきます。ローリとシェーンのことに気づいてしまうリック、妊娠を悩むローリ、自分の居場所を奪われたと思って凶暴性が増していくシェーン。これによって、通常のゾンビ作品では見ることができない、このドロドロとした人間関係を楽しめるんです。

また、今後何度も目にすることになる、ウォーカーの大群との戦い。これを初めて見ることができるのがシーズン2です。リックとシェーンが死闘を行い、思いもよらない結末を迎えると同時にやってきた大量のウォーカー。これに対処するため、皆が戦っていくのですが、その際にド派手なアクションを見ることができるんです。

 

 

シーズン3のあらすじと口コミ評価

ウォーキングデッド・シーズン3は、リックの性格が大きく変わってしまったところから始まります。

これまでの正義感にあふれた性格から、倒れたシェーンの代わりにクールな性格に。

そしてその後、悲劇と脅威がやってきて・・・

 

シーズン3の見どころは3つ。

1つ目は、ローリの出産。本当ならめでたいはずですが、ウォーカーに囲まれた中で出産することになり、自分の命と引き換えに娘(ジュディス)を出産することに・・・ウォーキングデッドにはいくつか泣けるシーンがありますが、これはその最初のシーンなんです。

2つ目は、リックの悲しみ。ローリとシェーンの関係、シェーンとの対決、そしてローリの死ということが連続して起こってしまいますからね。その悲しみは深く、リックの行動を見てるだけで心が痛くなってくるんですよ。

3つ目は、別のグループとの死闘。総督率いる武闘派の集団と、リック達が縄張り争いすることに。ウォーキングデッドで描かれる世界観が、ホラーからの恐怖から、人間の恐ろしさに変わった瞬間ですね。

 

 

シーズン4のあらすじと口コミ評価

ウォーキングデッド・シーズン4は、総督たちとの戦いに勝利し、一気に増えた住民たちと平和な生活を送っているところから始まります。

食料が生産できるようになり、また子供たちへの教育も行っていく。そんな一度壊れた文明社会を取り戻していくような生活が続いていくのですが。

でも、思いもよらぬところから脅威は発生し・・・

 

シーズン4の見どころは、4つ。

1つ目は、病気が蔓延してしまう場面。現代社会が終わってしまったこと状態での病気は、本当にやっかい。あやうくリック達は全滅してしまいそうになりましたからね。こういった、これまでのゾンビ映画などでは決して描かれなかった部分を描く、そんなウォーキングデッドの魅力が出た部分でした。

2つ目は、帰ってきた総督との対決。アクションとしてのハラハラ感と、せっかく築いた社会が壊れていく儚さの両方を味わえます。

3つ目は、世界を救うことができるかもしれない希望が現れたこと。新しい仲間の登場により、これまでどうしようもなかった問題の解決の糸口が見え、ハッピーエンドの可能性が出てきたんです。

4つ目は、危険な集団に、ほとんどの仲間が捕らえられた場面。武器も奪われて大ピンチにもかかわらず、決してあきらめないリックの不屈の精神を見ることができます。そして、そんないい場面でシーズンが終わってしまうという、制作会社の引きの上手さも。

 

 

シーズン5のあらすじと口コミ評価

ウォーキングデッド・シーズン5は、シーズン4の終盤で敵につかまった、その後を描くところから始まっていきます。

人間を家畜のように扱う、終着駅の人間たち。彼らの魔の手が迫ってくる中、リック達は逃れることはできるのか。

絶体絶命の中で、彼らは・・・

 

シーズン5の見どころは、2つだけ。

1つ目は、終着駅からの大脱出劇。リックによって追放されていてキャロルの手助けによって、絶体絶命を乗り切るのですが。シリーズの中でも1、2を争うぐらい派手。キャロルは敵に回してはいけないとはっきりわかるシーズンでした。

2つ目は、離れ離れになっていた、ジュディスとの再会シーン。リックが涙する感動するが最高ですよ。国内ドラマであんな演技する人みたことないですもん。

(シーズン5は後半見どころは少ないです。新しく出会ったコミュニティに溶け込んでいくことを中心に描かれており、シーズン9まで続く新しい章のチュートリアル的ポジションの作品になっていますからね。)

 

 

シーズン6のあらすじと口コミ評価

シーズン6は、数万にも登りそうなウォーカーが街(アレクサンドリア)に迫ってくるところから始まります。

なんとかこの大群が進む方向を変更しないといけず、アレクサンドリアの人々たちと協力して、それにあたっていきます。

しかし、そんな中、それを邪魔してくる人間たちが現れて・・・

 

シーズン6の見どころは、1つだけ。

ウォーカーの大群に対する作戦、リックの恋愛事情、カールが再び大怪我を負ってしまうなどなど、他のシーズンだったら十分話題にのぼるレベルの出来事も多いのですが、それらをすべて吹っ飛ばす話題がありますからね。

それは、最恐の敵、ニーガンの登場。今後何シーズンにも渡って、リック達の前に立ちふさがる、冷酷なキャラクターです。そして、それがわかるシーンがシーズン6でも。仲間のうち、誰かがニーガンの手によって処刑されますから・・・(誰なのかは、シーズン7まで明かされません。)

 

 

シーズン7のあらすじと口コミ評価

ウォーキングデッド・シーズン7は、ニーガンによる処刑シーンから始まっていきます。

被害者は1人だけだと思ったら、まさか2人も・・・

これを見て復讐を誓うリックでしたが、ニーガンはそんなリックの心を簡単に折ってしまって・・・

 

シーズン7の見どころは、2つ。

1つは、完全に心を折られたリックが復活していく場面。カールとジュディスのためにニーガンにひざまずいたリックを、恋人となったミショーンがサポートし、そして徐々に闘争心を戻していくんです。この時のミショーンは、女神のようでしたよ。

もう1つは、ニーガンとの対決。復活したリック率いるアレキサンドリア、キャロルの説得でやってきた王国、マギーがトップに君臨することになったヒルトップ。この3つのグループが手を合わせてニーガンたちと戦っていくんです。リック&カールが絶体絶命になっているところに、続々と見方が集まっていくシーンは手に汗握りましたね。

 

 

シーズン8のあらすじと口コミ評価

シーズン8は、ついにニーガンに勝利し、一気に聖域を攻め落とそうとするところから始まっていきます。

「これは絶対リック達の勝ちだ」と思う展開になりますが

ウォーキングデッドでそんな展開になったら当然・・・

 

シーズン8の見どころは4つ。

1つ目は、ニーガンへの印象ががらりと変わっていく展開。ゲイブリエルとの対話を通してどういった思いでリーダーになって行動しているのかがわかりましたし、また後半でリックに比べて器の大きさを示してきましたからね。嫌いなキャラから一転してお気に入りのキャラに。

2つ目は、カールに起こったこと・・・これに関してはぜひ映像をご覧ください・・・

3つ目は、意外な決着方法。シーズン6から続いたニーガンとの対決はついに決着を向かえるのですが、完全に予想外の結末になりましたよ。途中匂わせるシーンもあるんですが、それを打ち消すようなシーンが続くので予想できませんでした。

4つ目は、マギーとダリルが敵になる可能性を孕んでしまったこと。2人は最後まで決着方法に納得してませんでしたからねぇ。

 

 

シーズン9のあらすじと口コミ評価

シーズン9は、ニーガンを捕まえ、聖域のメンバーを含めた新しい大きなコミュニティとして生活しているところから始まります。

序盤は、ニーガンに対する処罰に納得いかない仲間たちとの軋轢や、人口が増えたために起こる物資の問題などに苦心するリックが描かれていました。

しかし、そんな中で大怪我を負ったリックが、ウォーカーの大群から仲間たちを救うため、自爆したことで大きく変わります。

リック退場してから6年後の世界が始まるのですが、それぞれのコミュニティがバラバラになっていて・・・

 

そんなシーズン9の見どころは4つ

1つ目は、なんといってもリックの退場シーン。シェーンなど懐かしのメンバーが1話限りの再登場をとげてくれます。

2つ目は、メインキャストの大幅な変更。その中には、ファンタスティックビーストの大人気キャラもいますよ。

3つ目は、新しい敵・ウィスパラーズの登場。全滅させようとも、物資をよこせともしないのに、非常におそろしい存在。特に、新ボスであるアルファには、(娘のリディアがかかわらない限り)容赦という文字がありません。

4つ目は、ニーガンの変化。以前から子供が大好きだった彼ですが、ジュディスがピンチになると、自分の命を顧みずにさっそうと駆けつけてたりしますから。

 

 

シーズン10のあらすじと口コミ評価

現在リアルタイム配信放映中です。

全て見終わり次第追記します